電力管理の論説問題集

保護継電器の必要な性能

電力管理の論説問題集

ほっけ   感  心  せん 動作
保護継電器:感度・信頼・選択・動作時間


保護継電器には過電流継電器、比率作動継電器などが代表的なものですね。
基本的に過電流継電器を想像しながら考えていけばいいと思います。
過電流継電器はある一定以上の電流が流れると遮断機へ信号を送り、遮断機を解放させるものです。

比率作動継電器は大型の変圧器(一般に5000kVA以上?)の変圧器に取り付けられるもの。
変圧器の内部故障(レイア-ショートなど)を検知し、即座に変圧器を系統から切り離す。
大型の変圧器ってメーカー在庫もないでしょうし、壊れると復旧にとても時間がかかってしまうので、比率作動継電器が取り付けられているんですね。

保護継電器に必要な性能としては

・感度:ごく小さな電流値でもOK
・信頼性:通常の状態で遮断機を解放させたら大変!
・選択遮断:大電流が流れたら直ぐに遮断!すこし大きめの電流が流れたらしばらくしてから遮断!
・動作時間:決められた時間に動作すること

といった具合と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました