■電験二種について
・何故今、電験二種なのか
・取得までどのくらいの年月が必要なんか
・電験二種と就職・転職
・合格通知と免状交付手続き
・認定での取得1
・認定での取得2
■勉強法
・論説には語呂合わせを使う
・計算用紙は厳選する
・ボールペンを使う
・ボールペンを使う2
・わかりやすい答案を
・絵を描こう
・勉強する時間
・人と話すことの大切さ
・論説ノートを作ろう
・絵を描きながら理解する
・切り貼りする
・まとめノートを作ろう
・計算は美しく、丁寧に
・黒塗り勉強法
・スマホの活用
・電験と共に成長する
・機械制御の論説は不要?
・電力管理の論説は不要?
・録音データを活用する
・断食
・姿勢について
・パワエレは捨てる
・これだけ機械制御 計算編で省く箇所
・これだけ電力管理 計算編で省く箇所
■試験の心得
・試験開始前の戦い
・試験当日の思い出
■モチベーション
・苦労を思い出す
・求人を見る
・人生のプランを練る
・道具を消耗させる
・運を引き寄せるには
・イメージする
・電験二種取得、その後
・寄り道をしない
■電力管理の論説問題集
・変圧器の冷却方式について述べよ
・水車発電所の試験
・水力発電所でのキャビテーション対策
・揚水発電所の起動
・ギャップレス避雷器
・原子炉の種類
・保護継電器の必要な性能
・コロナ放電について
・碍子の塩害対策
・原子炉構成材
■機械制御の論説問題集
■参考書
・電験第2種 これだけシリーズ
・電験第2種 完全マスター
・これだけシリーズ二次試験用
・過去問
・法規について
■電験二種と就職・転職
・就職・転職のタイミング
・在職中の転職活動
・人材バンクへの登録
■電気技術者の実務
・特高変電所 受電監視盤
・特高変電所の受電盤1
・特高変電所の受電盤と開閉器操作
・蓄電設備
・特高用変圧器
・特高用変圧器と絶縁油の管理
・非常用発電機について
・電気主任技術者と別業務
・二種を活かした転職の実態
・電験二種の求人について
・電気主任技術者の面接で聞くべき事

電験二種に素人が合格するには!

合格通知と免状交付手続き

2014年の試験で見事二次試験に合格しました。

通常、試験に不合格の場合は小さいはがきのようなものが届くのですが、合格すると画像のような大きい封筒が届きます。



なので、一目で「あっ、合格通知だ!」と分かりますね。
どきどき感が無いというか・・・まぁ事前にネット上で合否確認していたので、合格している事は確信していたのですが!

しかし実際、合格通知を目の前にすると、なんというか、今まで苦労してきた6年強の苦節の日々を思い出すというか・・・思わず涙がでてくるものです。
それだけ、電験二種取得にはエネルギーと時間が必要でした。
自分の境遇が追い詰められていなければ、ここまで努力できなかった。
ここまで続ける事も出来なかったろうなぁ・・・・と色々思う事があります。

さてさて、合格者各位様向けのペラ紙が同封されていますが、「免状の交付は申請されてから通常2ヶ月程度の時間を要する」と記載があります。
電験三種のときもそうだったかな?よく思い出せませんが、結構かかった気もします。
今が2月中旬ですから、4月半ばまで手元に免状が来ない。
それまで転職活動もあまり積極的に出来ないなぁ、とちょっとションボリ。
まぁ今の会社で電験二種を活かせれば、それに越したことは無いのですが。
給料安いしこき使われるくらいなら、いっそのこと・・・と思うわけでもあります。

「主任技術者免状交付申請要領」
記入はボールペンでね、とか修正印使ってね、とかまぁ当たり前のことを書いてある用紙。
申請書とは別に、戸籍抄本が必要なようです。
戸籍抄本は市役所で発行していたかな?

必要な書類は、「主任技術者免状交付申請書」「試験結果通知書」「戸籍抄本」「振替払込受付証明書」の4つ。
この4つの書類を、同封された封筒に入れて送ればOKということのようですね。
「主任技術者免状交付申請書」「試験結果通知書」は二つ折りにされた1枚の紙の形で同封されていました。
「振替払込受付証明書」で必要な料金(2350円)を振り込み、「振替払込受付証明書」を「試験結果通知書」に貼り付ける。
あとは「戸籍抄本」を準備すれば、申請に必要な書類は揃ったと言うことになりますね。

これらの書類を同封された封筒に入れて電気技術者試験センターへと送ればOKという事になります。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[合格通知と免状交付手続き−>a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
電験二種について
勉強法
試験の心得
モチベーション
電力管理の論説問題集
機械制御の論説問題集
参考書
電験二種と就職・転職
電気技術者の実務



Copyright (c) 2004-2018 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。